産後太りにはまず開いてしまった骨盤をしっかり正しい位置に戻してあげることが重要です。産後の体形リフォームに人気の骨盤矯正ベルト

骨盤ベルトで産後の開いた骨盤を矯正!

産後の骨盤

産後に骨盤矯正ベルトが必要な理由

出産の時、約10cmといわれる産道を確保するために骨盤は大きく開き

赤ちゃんの負担にならないように、背骨の一番下で骨盤を支えている

大きな逆三角形の骨(仙骨)が反り、新しい命の誕生を迎えます。

この事から出産後の骨盤は大きな負担を受けている状態といえます。


ただし注意したいのはここから!


そんな産後の開いて歪んだ骨盤をそのままにしておくと

骨盤は歪んだままで固まってしまい、骨盤が開いているため

内臓が下にさがり産後太りと呼ばれる締りのない太りやすい体に…


さらには骨盤が歪んだままの状態で固まってしまう事で体形を戻しにくくなってしまいます。

体形だけではなく産後の尿漏れや腰痛の原因にもなりかねません。

だからこそ産後に骨盤ベルトが必要といわれているのです。


だた幸いなことに、産後の骨盤は開いているのと同時に、まだ筋肉も緩んでいるので

とても矯正しやすい状態!だからこそこの筋肉の緩んでいる状態の時に、

しっかりと骨盤を戻しておくことが、産後の体形戻しのためにも重要なんです。

以下は、産後の骨盤ベルトの人気ランキングです。
産後ベルト選びの参考にしてみてくださいね。

産後の骨盤ベルト人気ランキング

1位 骨盤美腹ウォーカー

骨盤美腹ベルト

骨盤矯正ベルト+産後のゆるんだお腹もしっかりカバー
パワーネットが股関節をしっかり締め
産後の開いた骨盤を引き締めながらたるんだお腹も
お尻全体をしっかり包み込んで産後の体形戻し!
骨盤ベルト+ウエストニッパーとして
産後の体形リフォームに大人気の骨盤ベルトです!
トイレの時はまくり上げるだけだからとっても楽
実際に私も使ってみました ⇒ 骨盤美腹ベルトの私の体験談とみんなの口コミ

2位 トコちゃんベルト

トコちゃんベルト

産婦人科でもおすすめしている産後ベルトの決定版!
26年間京大病院に勤務された元産科分娩部婦長考案
実際の産婦人科でも妊娠中・産後の骨盤ケアに薦められている程の実力です!タイプも2つあるのでそれぞれの症状にあわせて選ぶことができます。
恥骨に痛みがある人は「トコちゃんベルト1」
腰痛や尾骨が痛む人は「トコちゃんベルト2」
おすすめです。詳しくは ⇒ トコちゃんベルトの選び方
締め付けはかなりきつめのベルト。トイレの時に面倒かも

3位 骨盤ウォーカーベルト

骨盤ウォーカーベルト

2本のベルトと仙骨パッドが産後の歪んだ骨盤を矯正!
・上部のベルトが骨盤の開きに対応!
ウエストのくびれ、小尻、O脚にも
・下部のベルトが骨盤の傾きに対応!
ウエスト、ヒップのバランスを保つ
・他の骨盤ベルトにはない仙骨パッドが産後特有の
骨盤の反りに対応!
仙骨パッドでぽっこり下腹、姿勢、出っ尻をリセット!
産後の複雑な骨盤の歪みを同時に矯正する実力派ベルト
ただし産後の使用は出産後2週間以降から

いつから使えばいいの?産後の骨盤矯正ベルト

産後
産後すぐは開いた骨盤を閉めることに重点をおいた方がいいでしょう。
なので産後早い段階から骨盤矯正ベルトの使用を始めた方がいいようです。
もちろん妊婦さんそれぞれ体調の違いがあるので心配な人は
主治医に骨盤ベルトを使って大丈夫か確認しましょう。

 

産後1ヶ月以降
俗にいう産後の床上げの時期です。
この頃から徐々に普段の生活へと戻っていくと思います。
なので生活に支障が出ないような薄型の骨盤ベルトの使用がおすすめです。
必要に応じてガードルを使ってあげるとさらにいいのではないでしょうか?
ガードルなら骨盤ベルト付きのこちらのガードルがおすすめですよ

産後の骨盤ベルト

産後の開いた骨盤を矯正するには骨盤ベルトがいちばんですが産後しか使えない骨盤ベルトを購入するよりも
その後も使えるベルトを購入した方が断然お得です。産後だけではなく普段の生活でも骨盤は歪んでしまいますので
長く使える骨盤ベルトを購入しましょう。