腰痛には骨盤ベルトが有効です!ただしがっちり締めつけるだけのベルトでは腰痛が悪化する可能性があります。

腰痛ベルトの正しい選び方

腰痛の種類で腰痛ベルトの選び方が違います!

腰痛の原因は背骨に原因があるものや内臓に原因があるものなどが

あるため激しい痛みや長引く場合には一度医師の診断を仰ぎましょう。


ぎっくり腰や急性の腰痛の場合は患部を冷やし、サポート力の強い
コルセットタイプの骨盤ベルト を選びましょう。
これは骨盤ベルトで腰をしっかりサポートする事で患部にかかる負担を軽減して腰の痛み緩和してくれます。


またスポーツ時に使用したい場合には、スポーツ用腰痛ベルト を選びましょう。


ただし上記以外の腰痛の場合や痛みが落ち着いた後は話が別です。

背骨や内臓に異常がなく病院に行っても湿布を渡されるだけのような慢性的な腰痛の場合は

サポート力だけで骨盤ベルトを選んではいけません。


なぜならサポート力が強い腰痛ベルトでは腰の動きを制限されてしまうため日常的に使用していると腰の可動が少なくなり柔軟性がなくなり筋肉が衰えてしまう可能性があります。

本来であれば腰の筋肉が天然のコルセットのように腰をサポートしてくれるのですが
筋肉が衰えてしまえば骨盤ベルトに頼らざるを得なくなってしまうのです。


ですのでこのような腰痛の場合には、サポート力+伸縮性で腰痛ベルト(骨盤ベルト)を選ぶ必要があるのです。
サポートしながらも柔軟性のあるものを選ぶようにします。

さらにいうならば、腰痛の原因に密接な関係を持つ

「股関節」もしっかりサポートできるベルトを選びましょう。

またベルトの素材は通気性のあるものを選びましょう。

ゴム製やシリコン製のベルトの場合通気性がないので蒸れてあせもになってしまう場合があります。


腰痛だからと言って一概に動かさない方がいいというものではなく
動かしてあげることも重要です。もちろん痛みが強くなるほど無理して動かす必要はありません。

筋肉を動かし天然のコルセットを鍛えてあげる事が腰痛の解消にも繋がります。

以下は腰痛の方に人気の骨盤ベルトランキングです。

腰痛ベルト選びの参考にしてみてくださいね。

腰痛骨盤ベルト人気ランキング

1位 コレクト腰痛ベルト

腰痛ベルト コレクト

腰痛ベルトでは異例の売上15万本突破!
コレクト独自の2段式ベルトが、
股関節・腰椎部・骨盤全体を完全サポート。
腰の曲げ伸ばしにもしっかりと連動しながら滑らかに伸縮
フィット感を保ったまましっかり骨盤と股関節をサポート
日本とアメリカで特許を取得した特殊ボーンを採用する事で姿勢を矯正しながら腰椎と股関節を守ってくれる大人気の腰痛ベルトです。

2位 骨盤美腹ウォーカー

ロングタイプ骨盤美腹ベルト

骨盤矯正ベルト+パワーネットのWの引き締め
10cmの幅広骨盤ベルトが股関節をしっかり締め
パワーネットが腹部・腰部・臀部をしっかり包み込む
腰の部分にはゲルマニウムとトルマリンがを塗布されている伸縮性のない素材をあえて使う事で腰をしっかりホールドして安定させ患部を温め血行を促進してくれます。
女性にも愛用者の多い骨盤ベルトです。

3位

フォークロススタイルアップベルト

門外不出の4点加圧ベルト
伝説の整体師が30年の実績から作り出した骨盤ベルト
クロスポイントの設置で神の手と呼ばれる
整体師の技術を再現。マジックテープ式で装着が楽々

腰痛ベルト

腰痛ベルトにはゴムやシリコンといったものもありますができれば通気性の良いものを選んだほうがいいです。ぎっくり腰やヘルニアなど安静を必要とする病状の時にはコルセット式をスポーツ時にはスポーツ用腰痛ベルトをコレクトしましょう。また介護や重労働の場合には幅広タイプよりも骨盤をしっかり締めつける幅が狭いスポーツ用の腰痛ベルトが適しています。